語学で生きて行く!


  • キャリアコンサルタント

スポンサードリンク




【キャリアコンサルタント】外国人向け?

こんばんは、語学で生きて行く管理人のAKKOです。

ただいま学習中のキャリアコンサルタント、1年後、試験に合格した後の将来像を描きながら勉強しています。

例えば・・・語学で生きて行く!と決めている私の場合、

これまでの経験を活かすならば

英語×ドイツ語×転職経験多め×キャリアコンサルタント

という掛け算で

英語圏、ドイツ語圏の外国人労働者向けの労働相談ができるのではないかと思っています。

具体的な職場としては

学校機関(大学のキャリア相談室や専門学校の相談員)、公的機関(外国人向けハローワークなど)、

外資系企業、日本企業で外国人を多く雇用していて

「セルフ・キャリアドッグ」など従業員のキャリア教育に力を入れている企業の相談員として・・・

などなどのイメージがわきます。

 

キャリアコンサルタントという言葉をよく聞くようになりましたが

単に転職をサポートする人、というよりは

人生100年時代において、働き方が多様化する中で、いろいろな生き方のサポートをすることなのかな、と思っています。

新卒者、転職者、シングルで子育てをする人、シニア、行き場を失っている人、失業者などなど

「働くことは生きること」

だと考えているので、人生のあらゆるステージで気軽に相談できるコンサルタントがいたら安心だろうなあと。

ましてや、外国人にとって異国の地で外国語で対応してくれるキャリアコンサルタントがいたら心強いですよね。

日本の労働法の知識はもちろんのこと、外国人が誤解したり、つまずきやすいポイントなど、

ポイントを整理してうまくサポートできるコンサルタントになりたいなあと思っています!

 

 

 

 


スポンサードリンク




検索



Pagetop