語学で生きて行く!


  • 英語

スポンサードリンク




年末年始に英語の目標を設定!で、幸先の良いスタートを切る方法

語学を使って実践的なキャリアアップをお勧めするAKKOです。

今年の年末年始、会社員の場合だと12月29日から1月6日まで休めたら9連休ですね!

実家でのんびり身体を癒す時間ももちろん大切ですが、今年はいつもより前向きに、少しだけアクティブに英語の目標を立てて実践する時間にしてみませんか?

年末年始は目標設定に最適な時期!



1年の計は元旦にあり、といいますが、さらにもう1歩進め、新しい年が始まる前に来年の計画を立ててしまいましょう!

会社がお休みに入ったら、まずは来年の英語に関する自分の目標を立ててみましょう!今年一年を振り返り、英語関係でこうだったらいいな、ああだったらいいなと感じたことを思い出して書き出してみましょう。例えば・・・・・

  • 取引先A社のBさんの会議通訳は素晴らしかったなあ。。。私もあんな風にかっこよく英語の通訳ができるようになりたいなあ。会議通訳の勉強を始めてみたいなあ。。。
  • 夏休みに行ったタイのガイドさんの案内はホスピタリティに溢れていて素晴らしかったなあ。私もあんな風に愛のあるガイドをしてみたい!
  • 仕事で知り合ったCさん、海外の大学院のMBAをオンラインで学んでいるといっていたなあ。Cさんのビジネスの考え方は勉強になることばかりだなあ。私もMBAについて調べて挑戦してみようかな。。。

こんな感じで一年の間に感動したこと、心に留まったこと、自分の目標となるようなモデルが身近にいなかったかな?と思いだしてみてください。そこで心に引っかかったポイントを書きだしてみてください!

私の来年の目標はずばり、来年2019年の間に「語学を使って起業すること!」です。

来年は語学を軸に自分の足で立つ年にしたいと思っています。そして、年末年始に来年の具体的なビジネスプランを作ってみようと思っています(^_^)

年末年始は大掃除や親戚に会ったりで何かと忙しく、そんなにたっぷり時間があるわけではないですよね(^_^;)スタートダッシュをかけて計画的に動きましょう!

そして、大きな目標が決まったら・・・超具体的に、いつ、何をするのか!行動に落としこみます。ここで、目標を細かな予定に変換してしまいましょう!

1年は12か月、52週間しかありません。

ぼーっと過ごしていたらあっという間に過ぎてしまいます(^_^;)

1年を4つの季節(春夏秋冬)で区切り、大まかに行動を落とし込んでいきましょう。

例えば・・・・3月31日~5月8日までイングランドに短期旅行へ行く。そこで語学学校に通う。実践的な会議通訳のクラスを受講する。そのために自分が今からすべきことは何か!逆算して毎日の行動に落とし込んでいくのです。

1月~3月は下調べ、学校見学、経験者の話を聞く、3月~5月は実行、6月~転職活動、9月から会議通訳者として始動!などなど。。。

考えるとわくわくしますね!実は・・・計画している時が一番楽しかったりしますよね(^_^)

または、8月31日までにTOEIC900点を目指す!そのために1月1日から自分がやるべきことは何か?試験のチャンスは何回あるのか?発表はいつか?参考書は?オンライン学習は?いつ勉強の時間をとるか?同じように900点を目指す人のコミュニティはあるか?そんな視点でどんどん調べて具体的なプランを立てましょう。

目標設定その1:Googleカレンダーでタスク管理!

いろいろな目標管理の方法があると思います。アプリやオンライン上の便利なツールもたくさんあると思いますが、私のシンプルな目標管理/予定管理方法は、Googleカレンダーを使う方法です!

GmailユーザーであればGoogleカレンダーを使用している人は多いと思います。Googleカレンダーはパソコン、スマートフォンからも入力、確認ができて、月、週、日ごとに表示の切り替えもできるシンプルで便利なツールです。

私の場合、ちょっと先の目標を「予定」として入力しています!

今日やらなくてもいい、ちょっと先の予定、でも必ずやることを、やる日を決めてその日の「予定」として「終日の予定」(時間を指定しないで、「終日」にチェックを入れる)として入れておきます。色は分かりやすく分類するといいでしょう。上の画像のように色別に表示されます。

例えば、ピンクはプライベート、青は仕事、緑は家族の用事などなど。。。

ここで・・・目標管理と予定管理は違うのでは?と思った人もいると思います。

目標を予定として組み込んでしまうと、意外と簡単に、あっさりとできてしまうのです!でも、目標を予定に入れないでいつまでも宙ぶらりんだと、まったく行動できないまま終わってしまいます。

Googleカレンダーに入れると、まずは1か月単位で予定を「俯瞰」することができます。この日はやることが多いな、この月は青に偏っているな等々。

そして、ちょっとここは無理があるかな・・・と思う予定殺到日の予定は、マウスでドラッグして他の日に簡単に移すことができます!これは便利ですね!

そして、よく手帳にTODOを書いて、終わったら線を引いて消していくのが気持ちいい!という人がいますがGoogleカレンダーでも同じように一日の予定を開いて、色や記号で優先順位をつけてその通りにやるべきことを行い、どんどん消していくことができます。空になったその日のカレンダーを眺めるのはとっても達成感があって、気持ちいいですよ!

目標設定その2:画像で未来予想図を描こう!

これは英語の勉強に限ったことではなく、人生におけるすべての叶えたい未来に共通していることだと思いますし、すでに実践している人もノウハウとして知っている人も多いと思いますが、あえて書きます。

まず、叶えたい未来をしっかり、はっきり、明確にイメージすること!

そのイメージは心からわくわくするなりたい自分、いたい環境だろうか、自分に問うこと。

どんな環境で誰と一緒に何をしていたいのか!具体的にイメージしましょう。

具体的なイメージは絵に描いたり、画像検索でネット検索をしたページを印刷して切って貼ってもよし!ビジュアル化できるとより鮮明ですね。

何年か前に私がエクセルに貼りつけた画像はこちら(^_^;)

ちょっと漠然としてますが「家族でシンガポール」「香川の試合を観る!」は叶いました(^_^;)偶然ですが画像の真中の段ですね(^_^)

イメージが完成したら、そのイメージの場所へ行くためには何が必要なのか手段を考えましょう。その手段を細かく細かく行動に落とし込んでいきましょう。

細かな行動の束ができたら、一束ずつカレンダーに置いていくのです。

カレンダーに置いていく作業は、自分との約束です。自分がこの予定ならできる、と思える行動の一束をその日に置いていきましょう。

カレンダーに日付ごとに行動の一束を置いていく最大のメリットは、その日にはその一つの束に集中できる!という点です。今とここ、その日にやるべきことに集中して淡々と行動すること!その行動を続けていけば短期間で遠くへ行けるようになっていると思います。

反対に、あまり遠い未来のことを「できなかったらどうしよう」と心配することもなくなるでしょう。先の行動についてはいったん忘れ、今日、今、ここですべきことが分かっていれば、そして自分に課した約束を守っていけば、必ずそこへたどり着ける、そう信じられると思います(^_^)

年末年始、ぜひ自分との約束を行動に落としてこんで計画を立ててみてくださいね!

まとめ

英語の目標のお話から一般的な話に広がってしまいましたが(^_^;)年末年始は一つの区切りとして、来年、具体的に飛躍的に目標を叶えるために大切な計画の為の時間として有効活用できるといいですね!

良いスタートを切るために、いつもより少しだけ早く動き出すこと!早く動き出すためには、スタートしてから考えるのではなく、1月1日にさあ、今日は何をしよう、ということが具体的に決まっていると早いですよね(^_^)

目標を決めて、行動を決めて、予定に落とし込んで、来年は幸先の良いスタートを切りましょう!!


スポンサードリンク




検索



Pagetop