語学で生きて行く!


  • フリーランス

スポンサードリンク




フリーランス翻訳者の年収ってどれくらい?

こんにちは!

フリーランス翻訳家兼会社員のAKKOです。

過去20年以上、出版社、旅行会社、商社、大学、銀行から翻訳会社まで様々な分野で仕事をしてきましたが、根っこにあったのはいつも「語学を使う」ということでした。

子育てをしながらフルタイムで仕事をするのが辛い時期もあり、何度も働き方を変えながら転職をしています。

そして、転職を繰り返しながら、会社員と並行してずっと辞めずに続けてきたこと、それは「翻訳」です。

正直なところ、会社員と翻訳の仕事の両立がきつくなり「もう無理かも」と投げ出したくなったことは何度もあります。

でもなんだかんだと続けてこられたのは、「ご縁」なのかもしれないと今では考えています。

フリーランス翻訳者の年収ってどれくらい?

ところで、気になる翻訳者の年収相場はどのくらいだと思いますか?

専業と副業では翻訳に使える時間が異なるので、1日8時間程度コンスタントに仕事ができた場合を想定して考えてみます。

10年以上翻訳の世界で仕事をしていて、大体の相場観から考えると、駆け出しの翻訳者の英語から日本語への翻訳の単価相場は

1 Word 7円~8円ではないかと思います(良くて10円)。

内容や分野によっては500 Word でも結構時間がかかります。

得意分野や繰り返しの多い文章だと反対に時間短縮になります。

少し慣れてきたところで、コンスタントに1日1,000 Wordから2,000 Wordの翻訳をこなす感じになると考えると、

1,000×8円=8,000円

2,000×8円=16,000円

間をとって1日12,000円とすると20日で24万円、1年間で288万円です。

私はこれが結構現実的な数字ではないかと考えます。

フリーランスの場合には給与から控除ではなく、自分で国民年金、健康保険、住民税も納めますので

そんなに余裕のある収入ではありません。

これをベースに、1社、2社から3~4社と契約をし、1日に翻訳できるWord数を増やしていくことが報酬増につながります。

翻訳者の報酬についてはこちらにも書いていますので読んでみてください。

翻訳者として収入アップを目指すには

いろいろな理由で、翻訳者として食べていきたい人は多いと思います。

世界中を旅しながら仕事がしたい、自宅で仕事がしたい、自分の好きな時間に仕事がしたい、育児や介護との両立・・・。

翻訳は通訳と異なり、締め切りはあるものの、ある程度自分で時間をコントロールして使える仕事です。

場所もセキュリティさえ気を付ければ基本的には自由です。

お客様の大切なデータを扱っているので、データの取り扱いやパソコンのウイルス対策には注意が必要です。

翻訳者として収入アップを目指すには、私はリスク分散をお勧めします。

まずは、1社だけでなく定期的にトライアルを受けて複数社と契約をし、仕事をしていく中で相性の良い会社とは長くお付き合いをして信用貯金を増やすこと。

3社くらいからコンスタントにお仕事が入る状態になると精神的にも安定すると思います。

私は「アメリア」という翻訳者のネットワークに入っていますが、こちらで求人募集を見てトライアルに定期的に挑戦しています。

今のところトライアルに落ちることの方が正直多いのですが、受けないことには何も始まりませんので、自分の時間と余裕とのバランスをみて

定期的に挑戦しています。

他にも、Indeedで「在宅翻訳」というキーワードで検索をかけておくと、定期的に新しい求人があったときにチェックができて便利です。

翻訳そのものだけでなく、翻訳関連の仕事はたくさんあるので、リスク分散、気分転換という意味でも在宅でできる複数の仕事を持っておくと収入アップになります。

翻訳ツールも積極的に使っていくこと

これからはAIの時代に入り、翻訳の分野でも人が介在すべき仕事がどんどん高度になっていく可能性があります。

単純作業、繰り返しの多い作業などはAIやロボットが十分こなせるでしょう。

そこで人が求められることって何でしょう?

そこを考えていく必要がありますね。

様々な翻訳支援ツール、チェックツール、機械翻訳などがリリースされています。

翻訳関連のニュースにはアンテナを張り、どういうものかは最低限でも理解をし、翻訳業界全体の流れを把握しておくことをお勧めします。

これは!と思うツールは身の丈の範囲で取り入れて、自身の効率化アップもはかりつつ、どうすればより少ない時間で多くの収入を稼げるかを考えていくことです。

時間に比例して収入を増やしていくという考え方ですと、いくら時間があっても足りないからです。

例えば・・・

翻訳書を出版する!→印税が入ってくる可能性がある

翻訳関連の本を出す→同上

翻訳関連のセミナーに登壇する

翻訳を教える(オンラインやオフライン)

などなど、より少ない時間で収入を増やすにはどうすれば良いか、中長期で考え続けていくことが大切だと思っています。

もちろん、ある程度の貯金ができてきたら、積み立て投信や不動産投資など、時間がお金をもたらしてくれるような投資にも分散させていくと良いと思います。

ストレスなく、好きなことに楽しく取り組める状態を今日から目指して取り組んでいきましょう!

 

私自身はリスク分散の意味合いと家でじっとしていられない性分でもあるので、もうしばらく会社員と兼務で翻訳を続けようと思っています。

他にも不動産投資やインド商品の輸入販売など挑戦したいことがたくさんあります!

英会話もブラッシュアップしたいですし・・・。前向きにやっていきます☺

入会されていない方でも参加できる公開レッスン実施中!【シェーン英会話】


スポンサードリンク




検索



Pagetop