語学で生きて行く!


  • フリーランス

スポンサードリンク




会社員を辞めて語学フリーランスになるか?!新しい道へ!

こんばんは。実践語学のブログを書いているAKKOです。

ここ数週間は職場の業務引継ぎでかなり忙しい日々を過ごしていました(^_^;)
そして昨日、通算14年間お世話になった会社を辞めて有給休暇に入りました。

産休でも育休でもなくて、健康体で子供も学校へ行って、有給消化とはいえ、そんな中で一人時間が1か月以上もあるのは生まれて初めての経験です。

有給に入ったらあれこれしようと思っていたのに、初日はぼんやりと終わってしまいました(^_^;)
今日は私が思い切って会社員を辞めて新しい働き方を目指すようになったことについて書いてみたいと思います(^^)

思い切って会社員を辞めた理由


私が思い切って会社員を辞めた理由は、「自分に正直であること」を優先したからです。

こんなふうに書くとかっこつけていると思われてしまうかもしれませんね(^_^;)
でも、本人は悩んで悩んでかなり悩んで出した結論なんですよ!

40代半ば、社会人経験も20年以上、管理職で執行役員、子育てもしながらで、とっても充実した会社生活だったことは確かです。
でもね、だんだんと職場で自分が知っていることやできることが増えてきて、新しい感動がなくなってきたのです。
そして、声の大きな人の顔色を伺ってばかりいる、意見の言えない同調社会に嫌気がさしたのです。

もっと新しいこと、創造的なこと、合理的なことをYes!っていえる雰囲気の中で自由に自分の好きなように仕事がしたいなって強く思うようになったのです。

会社っていろいろな人の集まりですよね、これはどんな会社にいってもそうです。
自分の意見と合う人もいれば、まったく合わない人もいる。これは当然のことです。
でもね、意見が合わなくてもいいから「建設的」に相手を批判しないで同じ目的に向かって一緒にやれる人だったら、それはそれでいいと思うのです。
同じ目的というのは、会社員として雇われている以上、会社全体の利益を増やすこと、です!
決して自分の都合のいいように部下を恫喝したり、自分の気分で判断がころころ変わることを優先させてしまってはNGだと思うのです。。。
ここが共有できない仲間と一緒に仕事をするのは本当に難しいです。

そんなこんなで本当に悩んで、私が会社を辞めることが本当に正しいことなのかどうか、正解なのかどうか、考え続けてきたのです。
でも最後は、きっぱり「辞めて新しい働き方を目指そう!」という気持ちが勝ちました。
今の環境を変えよう!と思ったのです。

辞めるかどうか悩んでいる過程で、辞めると決めてから、何人かの同じ役員という立場の社員や部下と話す機会があったのですが、多かれ少なかれ皆同じようなことを悩んでいることに気づきました(^^)
でも、家庭がある、子供がいる、今の職場を離れて新しいところで再スタートする労力を考えたら「動けない」のだと分かりました。
確かに心の準備ができていないことを実行するのは本当に怖いものなのだと思います。
他の人が決められないことについては、私は批判する気持ちはまったくありません。
いつかその人のタイミングで動けるときが来たらいいなあと思いますし、それまでに私が何でもいいので、同じように悩んでいる人にとって、小さな勇気を与えられる存在であれたらいいなあと思います。

新しいスタートは語学フリーランス?

私は40代半ば、日本では一般的には「もう若くない」「旬の過ぎた」人材なのだと思いますが、そういう多くの人が決めた尺度にははめられたくないなあと感じています。
今回の決断で、収入が一時的には落ちてしまうことは避けられないかもしれません。
でも!何か新しい自分らしい、たくさんの人に勇気を送れるような働き方を目指していこうと思っています。

こんな時、語学をずっと続けてきて本当に良かったと思います。
語学を続けてきたからこそ、困った時には語学が身を助けてくれるのです。
翻訳、通訳、通訳ガイド、日本語教師、英文経理。。。まずは、今まで自分がしてきたことをフリーランスで自宅をベースにやっていこうと思っています。
どんな風に働いていくのか?はこれからのお楽しみ!
誰のせいにもしない、明るい未来を信じる!そう決めたので、退路を断って頑張っていこうと思っています!
これからの働き方については、今後、ブログに綴っていきますのでお楽しみに(*^_^*)!!!


スポンサードリンク




検索



Pagetop