語学で生きて行く!


  • ドイツ語

スポンサードリンク




語学を使って勤めながらフリーランスの道を開拓すること

こんばんは。語学を使って生きていくことを実践している管理人のAKKOです。

ここでいう語学とは、つまり、外国語。

小中高大と学校で一生懸命、英語を勉強したけど会社でまったく使えない、

人生で旅行以外にも語学を使って仕事をしたい、そんな仲間は少なからずいるのではないかと思っています。

管理人の私も学生時代、一生懸命、英語やドイツ語を勉強しました。

大学の先生には、「語学はしょせん、ツールにすぎない。語学は主役ではない」

「語学で食べていけるというのは一握りの人だけだ」と言われていました。

ある意味、真実だと思います。

それでも!

私は心のどこかで「いやいや、語学を楽しみながら、語学を中心とした仕事ができるはずだ」

と思っていました。

スティーブ・ジョブズもこう言っています。

「毎朝、鏡の中の自分に問いかけてきた。「もしも今日が人生最後の日だとしたら、今日やろうとしていることをやりたいと思うだろうか?」と。

NOと答える日が何日も続くようであれば、何かを変えなければならないということだ。」

何か違う、そういう違和感を抱えながら人生を送るのは本当にもったいないです。

給料がいいから、転職する勇気がないから、一から人間関係を築くのは面倒くさい、そんな理由で本当は満足していない

仕事を続けている人をたくさん知っています。

でもね、最近思うようになりました。

確かにお金は大事ですが、最低限のお金は必要です(ここは否定しません)が、

「楽しい」「満たされている」「好きなことを心をこめて仕事しているから、感謝されています」

「家族や友人から愛されています(楽しそうに仕事をしているから、自分を大切にしていて他人も大切にできます)」

こういう人生って素敵だと思いませんか?

そして・・・毎日がこんな風であったなら、一年後にはすごいところへ行っているような気がしませんか?

ステージが何段もあがっていくような気がしませんか?

そして、、、お給料がいいから、面倒だからと楽しくない仕事を続けていくと、反対に負のスパイラルに入っていくような気がしませんか?

お金は大切です、お金がなくては生活していけません。

だから、好きな仕事を丁寧に行って人から感謝されたとき、お金を受け取るのはとても気持ちが良いことだと思います。

 

語学を使って仕事をしたい、そう思った時に、たくさんあるメジャーどころの求人情報に目を通すのももちろん大切ですが、

ちょっと目先を変えて、外国人が多く働いていそうな「商工会議所」に目を向けてみるのはいかがでしょうか。

私が利用したことがあるのはドイツのみですが、他にもいろいろとありそうです。

そして、おそらく英語以外の言語の国では英語+現地語の使用がメジャーではないかと思いますが、

英語が共通言語になっているケースが多いように思います。

一般の求人サイトと比べると外国語を使った仕事をしたい!という人にはお勧めの求職活動になるのではないかなと思います。

そして、語学を駆使して仕事をしながら、いずれは自由なフリーランスや起業生活に入れることを目指せるといいですね。

 


スポンサードリンク




検索



Pagetop