語学で生きて行く!


  • 翻訳

スポンサードリンク




翻訳チェックの品質をあげてくれる「色deチェック」

こんにちは!

寒さが戻り肌寒い東京、そして曇り空。

なかなか春らしい陽気になりませんね。。。

 

翻訳&翻訳校正のお仕事を自宅で始めてかれこれ10年。

ほとんどの期間、ツール類は使わずにWordの機能を駆使して行ってきたわけですが

「色deチェック」を購入して使い始めてから、だいぶ効率的に翻訳チェックが行えるようになりました。

 

個人の年間ライセンスは8,800円。

毎年支払うとなるとちょっと高いように感じられますが、月額1000円以下。

費用対効果は高いと思います。

 

ライセンスを購入すると、チェック機能がWordのプラグインとして自動で組み込まれる仕組みになっているので、

ソフトを別ウインドウで立ち上げる必要なし、とても機能的です。

 

私の使い方はいたってシンプル(複雑な機能もたくさんあるようですが・・・簡単なものしか使ってません)。

原文と訳文のWordファイルをそれぞれ用意して「対訳表」を自動で作成し、対訳表の数字や記号を「チェック」して不整合に色付けをする、というものです。

これにより、左右の言語でもれている記号や数字がチェックされます。

問題箇所が見つかったら訳文に戻って、修正します。

以上!

 

数字や記号の多い案件は特にチェック漏れがないかどうか目で確認するより、「色deチェック」を使った方が確実で速いです。

結果、クライアントの信用も得られることになるので、このツールの導入はしてよかったなと思っています。

欲を言えば、ライセンスは毎年更新ではなく、永久であったら良かったな~と笑

 

「色deチェック」はセミナーや動画も充実しており、日々改良もされているようなので、時々オフィシャルページをチェックしてみるといいですね。

 

忙しい時こそ、案件が重なっている時こそ、丁寧で品質の高い仕事を意識して取り組んでいきたいと思っています。

自戒を込めて。。。


スポンサードリンク




検索



Pagetop