語学で生きて行く!


  • フリーランス

スポンサードリンク




女性の多様な働き方を後押ししてくれる仕事探しサイト3選!

おはようございます!
まだまだ寒い日が続く東京ですが、どんよりした曇り空の中で3月に突入しました!
現在は、自宅で翻訳の仕事をしながら、これからの働き方を考えている最中です(^_^)

いろいろと考えたうえで今日現在、こんな働き方ができたらいいなと思う働き方は・・・

  • 時短であること:10時~16時または17時!
  • リモートワークが部分的または自由に可能であること
  • 通勤になる場合は自宅から30分程度の距離であること
  • 英語を使うこと!
  • 経営層により近いポジションであること!
  • 新しい働き方に取り組んでいる、創造する社会的な意義のある仕事であること!

そんなことを考えながら職探しをしています(^_^)
そんなに全部そろった仕事があるのでしょうか?
えーもう自宅で翻訳やっていればいいんじゃないの?
と思われた方もいらっしゃると思いますが(*^_^*)

1週間在宅生活を送ってみて、やっぱり同僚がほしいかも、仲間がほしいかも(*^_^*)と思い始めているのです。
部下とか上司とかタテのラインはもういらないのですが、一緒に同じ目標に向かう仲間?情報交換ができる仲間が欲しいですね(*^_^*)

そんな中でネット検索をしていて「おっ」と思うサイトがあったので紹介しますね(^_^)

女性の多様な働き方に特化したお仕事紹介サイトその① Waris(ワリス)

Waris にたどりついたのは「時短」「フリーランス」のような単語でのネット検索。
「新しい働き方を創る」っていうキャッチコピーにそそられました(^_^)

仕事探しをしている女性にも2つの入り口を用意しており
「再就職を目指す人」・・・一度仕事を離れて家庭に入り主婦業が長かった方などブランクのある人向け
「プロとして働きたい人」・・・フリーランスなどでバリバリ即戦力として働きたい人や時短で働きたい人向け
の2つから情報を得ることができます。

業務委託という形態でフリーランス向けの仕事が充実していることに驚きました。
サイトのデザインも柔らかい感じで好感が持てます。
ここでドイツ語のネット調査と翻訳の仕事を超短期で募集していたので応募したところ、とある不動産会社の案件で受注となりました。
小さなお仕事ではありましたが、ポンポンポンとスピード感のあるやりとりで、すべてリモートで完了!
一度も関係者が顔を会わせることなくオンラインで完了しました(^_^)

ほかにもRPA(ロボットを活用した定型業務の自動化により人材不足を補う技術)に携わるお仕事や、社会人向けのMBA事務局に携わるお仕事などなど
面白そうな業務が掲載されていました(2019年2月中旬の情報です)。

フリーランスで複数案件にプロジェクトとして携わる人材も多いとのこと!
これからの働き方としてはとっても「あり!」だなと思いました。

女性の多様な働き方に特化したお仕事紹介サイトその② LiBz CAREER(リブズキャリア)

LiBz CAREER(リブズキャリア)

ネット検索をしてうろうろしていたら、適性検査(簡単なもの!)を行う画面に行き当たりました。
リブズキャリアが実施している、仕事探しをしている人が大切にしていることと企業の文化をマッチさせるためのアンケート。
アンケートもとっても簡単で、あっという間にあなたと合う企業はこれ!っていうオファーが表示されたのが面白かったです。

上記は一例。

私の傾向としては合理的で主体的、前向き、行動的と出ています。

外向性と慎重さと粘り強さは真中ですね(^_^)

合理的が飛びぬけているのは納得!

無駄なことやぐちゃぐちゃしたことが苦手です。

ごちゃごちゃ言ってないで、さっさと片付けましょう、みたいなところがあるので(^_^;)

このあたりは留学先がドイツだったことやドイツ人と一緒に働いてきたことが影響してますね。

このサイトで紹介された「時短OK」「リモートOK」「経営者の右腕」ポジション。

会社のミッションは「世の中の働き方を変えること!」

面白そうだな!と思いました。

そして、「世の中の働き方を変えて、特に身動きのとれない(女性が多い)在宅ワーカーさんの働き方の選択肢を増やすこと!」

は今まさに求められていることだなと感じました。

 

女性の多様な働き方に特化したお仕事紹介サイトその③ 教えるシゴト

 

教えるシゴト

自分のこれまでやってきたことを棚卸していく中で、英語やドイツ語、日本語といった語学を教える仕事はどうなんだろう?

確か、外資系の銀行にいた時に、外国からの社員が社員食堂で日本語の先生に個人レッスンを受けていたなあと思い出しました。

私の日本語教師のキャリアはあってないようなものなのですが一応資格はあるので(^_^;)調べてみました。

このサイトにいきあたり、いいなあと思ったのは企業へ派遣される日本語教師の案件が豊富なことと時給がしっかりと高いこと。

よく日本語はボランティアで教えたり、日本語教師がとても安く使われていたり、ブラック企業が(^_^;)ということが多いのですが、

派遣先である程度まとまった時間で教えることができれば(1日1時間で終わってしまうと往復の時間を考えるとちょっと(^_^;))、選択肢の一つだなと思いました。

もちろん!これだけでなく、他のフリーでできる仕事と組み合わせればいいのですよね。

 

まとめ

3つのサイトを紹介しましたが、いかがでしたか?

4月に施行される働き方改革などが後押ししてこれからますますテレワーカーやフリーランスの需要が増えると予測されます。

私もそんな時代の変遷の中で転職を決意した一人なわけで(^_^;)

今ちょうどドラマでやっている「派遣占い師アタル」を観ていたら、その回は女性管理職の悩みがテーマになっているところでした。

家に帰っても、職場でも、どこにいっても「自分で解決してよ」と言われ、無関心、無神経な人間関係に悩む女性管理職。

誰にも打ち明けられず、とうとう高額な占い師に手を出してしまったり、線路でぼーっと立っていたり、夫の浮気や思春期の子供の悩み・・・。

すべてをうまく回さなければならない重圧と焦り、疲労で笑顔の消えたこわい顔。。。なんだかちょっと前の自分だなと思いました。

うーん(^_^;)

そこで踏ん張って時と自分の成長と周囲の理解が育つのを待つ、耐える、という選択肢もあったでしょう。

それが日本女性の鏡だ!下も見ているから頑張れ!みたいな発想もあると思います。

どうすればもっともっと自然に心地よく女性も男性も関係なく管理職として進んでいける世の中になるのかなと考えてしまいます。

これは大きなテーマですね(^_^;)

責任を喜んで引き受ける女性が(イヤイヤではなく)もっともっと増えることが日本社会の変化につながるんだろうなと思います。

このあたりは北欧など女性の躍進が進んでいる国を参考にするといいですね(*^_^*)

↑については今後のテーマとして調べてみます!

自分らしい働き方を目指しましょう(^_^)


スポンサードリンク




検索



Pagetop