語学で生きて行く!


  • 読書

スポンサードリンク




【リスク回避とリスク選好?】遺伝子レベルの負のスパイラル?

おはようございます。語学で生きて行く管理人のAKKOです。

 

昨日読んだ本に書かれていたこと、

日本人の遺伝子レベルでのリスク回避の傾向はなんと・・・・

98%???

 

対してアメリカ人は40%ほど。

 

これは、今までの戦争の歴史や言語構造によるところも大きいのでは?

と解説されていました。

 

日本人はリスクを察知して回避する能力が高い反面、思い切った行動はとらない、ということでしょうか。

あくまでも統計ですし、そうではない日本人もいるとは思います。

 

ダーウィンの言葉

「強いもの、賢いものではなく・・・変化できるものが生き残る!」という主旨の言葉があります。

しなやかに環境の変化に対応できる人がきっと、変化の激しい世の中でたくましく生きて行けるような気がします。

しなやかな折れない竹?を目指しましょう!


スポンサードリンク




検索



Pagetop