語学で生きて行く!


  • 翻訳

スポンサードリンク




[翻訳]特許事務所のチェッカートライアルに合格しました

おはようございます。

語学で生きていく!管理人のAKKOです。

先日、求人サイトIndeedで登録していた「在宅翻訳」というキーワードから、メールが送られてきた「特許事務所プルーフリーダー募集」の広告がありました。

プルーフリーダーというのは翻訳者が翻訳した訳文を原文と照らし合わせて一語一句校正する仕事です。

1日で5,000ワード以上の校正ができること、というのが募集の条件でした。

翻訳会社のサイトを見ると、明るく堅実で良い「気」を感じたので(笑)応募してみることにしました。

(ちなみに5,000ワードというのは、英文の場合、A4サイズのWordに400単語ある場合には12.5枚分の分量となります。)

トライアルを受けてみて

トライアルは、IT、機械、電気、バイオなどの分野から1,000ワードくらいの文章を選んで英日翻訳をする、というものでした。

履歴書等を送るとすぐにトライアルの案内が送られてきました。

私は理系の知識が乏しいので無難なITを選びました。

10日以内に訳文を納品することになっていましたので、週末をはさんで5日ほどで納品しました。

原文の内容は特許文書でした。

専門知識は乏しいのですが特許校正はかなりの枚数を校正してきた経験があるので、何とか翻訳することができました。

トライアル訳文を納品すると次の日には「合格、登録」の案内が来ました。

人が足りないのもあるのでしょうが、スピード感のある対応に嬉しくなりました!

報酬はどのくらい?

肝心の報酬ですが、1ワードあたり1.2円から1.5円となるようです。

途切れなく毎日仕事が来れば10万~20万円のボリュームになりますが、おそらく最初は様子を見ながら発注が来ることになると思います。

こういったお仕事を数社とコンスタントに長く契約することで翻訳フリーランス生活の安定につながりますね。

仕事が来たら改めて感触をレポートしますね!

お読みいただき、ありがとうございました☺


スポンサードリンク




検索



Pagetop