語学で生きて行く!


  • フリーランス

スポンサードリンク




夏休みも終わりかけ・・・見えてきた翻訳の夢

こんばんは、「語学で生きていく!」ブログを書いているAKKOです。

当ブログを初めて書いてから9ヶ月が経過し、スローペースではありますが、すでに60回を超える投稿をしていますね^_^

自分のわくわくすることと向き合うプロセスの中で、ちょっと違うな、ぜんぜん違うな、と感じたことは削ぎ落として今の仕事スタイルがあります。

ブログを書くまでは、「いやいや、簡単に今のポジションをやめるわけにはいかないし、それは無理」と感じていたことが、今では「嫌なことを我慢してやることのほうが自分にも周りにもよくないな」と心から感じています。

ひとつ、そのあたりの自分の意識がはっきりとしたことで、語学の仕事が動き出し、いろいろな仕事が舞い込むようになりました。

この夏、初めてや20年ぶり?の体験もいろいろとできました。

ドイツ人やアメリカ人のVIP旅行のご案内や英語から日本語へのとある有名外資系ホテルの研修商材の翻訳など。

平日の国際協力の仕事と重なっていて泣く泣く断らざるを得なかった通訳のイベントもいくつかあります(面白そう!と思ってぜひ仕事がしたかったのですが)。

 

態度をはっきりと決めて、やりたくないこととサヨナラをし、やりたいことをやり始めたのでいろいろなチャンスが舞い込んで来たのだと思っています。

スペースはつくらなければ新しいことが入ってこないよ、とよく言いますよね。

まさにそのとおりの感覚でした。

 

そして、子供と一緒にこの夏休みを過ごしていて感じたのは、ああ、やっぱり子供と一緒にもっとたくさんの時間を過ごしたいなあということ。

会社員として満員電車に揺られて役員として早朝から働いていたときは、「子供と一緒に自由に夏休みを過ごすこと」を夢に描いていたことを思い出しました。

今の私の状況も以前と比べると十分に自由が多いのですが、来年の夏はもっと自由であれたらいいなあと思っています。

 

様々な語学の仕事の中でもコンスタントかつ拡大傾向にあるのは、翻訳の仕事です。

新たな機械翻訳の技術や、翻訳チェックの自動化ツールなど翻訳の分野にも新しい動きがあります。

こういった動きをうまく取り入れて、自分ひとりで抱えずに外注していくことで翻訳会社の動きができるのではないかな?と思っています。

それができれば、子供の長期休みに合わせて自分もパソコン一台あれば場所を選ばずに仕事ができますし、より自由度があがります。

いきなり数字の話になりますが、私の頭の中には第一目標として、毎月100万円を語学でコンスタントに得られるようになる!という明確な目標があります。

売上目標は明確にあったほうが良いと思っています。

そして、こうやって宣言することでより深く意識に刻まれます^_^

 

月100万円の収入を得て、より自由に仕事をしながら家族の時間を使えること。

それはきっとそんなに遠くない未来だと思っています。

来年の夏はもっと自由に!

語学でその夢を叶えたいと思います☆

 


スポンサードリンク




検索



Pagetop