語学で生きて行く!


  • フリーランス

スポンサードリンク




20年ぶりの通訳ガイドを再開しました!

おはようございます!

語学で生きていく!ブログのAKKOです。

久しぶりの投稿ですが、このたび無事に20年ぶりの通訳ガイドを何日か終えましたので報告です!

自己採点では満点ではありませんが、何とか喜んでいただけたかなあと思っています。

アメリカ人の送迎ガイド

ドイツ人の通訳ガイドを行う前に、旅行会社は私のブランクを考慮してまずはアメリカ人の送迎のお仕事をアサインしてくれました。

アメリカからやってきた、とある有名なインテリア会社を経営するご夫婦とそのお子様たちの5人家族。

トランクの量の多いこと!にびっくり。

たった1週間の日本旅行のために一人ずつ、トランク大、トランク小、手持ちのハンドバックやリュックがありましたね💦

合計15点だったかな。。。

 

私の任務はホテルでお会いして、専用のお迎えの車に乗せて新幹線のグリーン車までご案内したり、

京都から東京へ戻ってきた際には新幹線ホームでピックアップして、車に乗せ、渋谷で食事をしてまた成田空港へ。。。

車中は日本について、東京について、車窓から見えるお台場やディズニーランドのお話を。。。そんな感じで業務が終わりました。

新幹線は東京から博多の東海道山陽新幹線を個人的によく利用しているので、その経験がだいぶ役に立ちました。

ほっと一安心💦

ドイツ人のご夫婦を富士山と都内観光へご案内

 

 

そして、本番のドイツ人のガイド2日間。

ハンブルクから来日された60代のご夫婦。

ロバート&ペトラ、ロバートはチェコ人とのハーフ、ペトラはアメリカ人とのハーフという国際的なカップルでした。

ロバートはドイツを拠点にしながら世界中に支店を持つコンサルティング会社を経営するやり手のコンサルタント。

その質問は鋭く、「さあ、これから日本についてすべて教えてくれまたえ」という前のめりな雰囲気に圧倒されそうになりました💦

奥様のペトラはロバートとは対照的で、おっとりとして動じない笑顔の素敵な女性でした。

 

2日間の行程の二日目に富士山が入っていたのですが、梅雨の真っ最中の天気予報は大雨。

急遽、2日間の行程を入れ替え、1日目を富士山、河口湖、忍野八海とし、2日目を都内観光としました。

富士山はあいにく山頂までくっきり見えることはほぼありませんでしたが、忍野八海の澄み渡る湧き水に感動してもらえたようです。

帰路、渋谷のスクランブル交差点を通り、まさに日本の静と動を体感してもらえたと思います。

 

2日目は予報通りの大雨。

皇居二重橋、築地を回って銀座でお寿司を食べ、かっぱ橋で日本の包丁を購入、日本語で名前を刻印してもらいました。

その後、墨田区近辺の下町を通り、スカイツリーを見ながら、国技館やお台場、レインボーブリッジを通ってホテルへお送りして終了!

最後はハグをして別れを惜しんでくれました😢

 

20年ぶりの通訳ガイドを終えて・・・

2日間同行した中で感じたことは・・・

海外の人から見る日本像、オープンでない社会、隠されていることが多い社会(ハンディキャップや精神の病で心療内科へ相談に行くことなど・・・)、

中国や韓国から見た日本(ドイツ人を通してのお話)などなど、お話は多岐にわたりました。

日本が初めてだったというご夫婦。

少し福島のことや放射能のことは気にされていました。

もっともっと日本のことを客観的な単語で伝える力をつけていきたいなあと思った今回の仕事です。

ガイドはまさに人間力×知識×語学力。。。

私に足りないものがよ~くわかったので、少しずつ前進していきたいと思っています。

ということで、この1か月ほどはガイドの準備で気持ちが張っていたので、無事に終わって力が抜けてしまいました。

 

語学で生きていく!ブログを開始してまだ7か月ですが、ずっと続けている翻訳の仕事も依頼量がふえつつあり、

並行して週末の通訳ガイドを開始、日本語オンラインは開講の許可はいただいたのですが、ちょっと気忙しすぎて保留中。

本業の時短勤務もあり。。。なかなか充実した日々を過ごしています。

本業、翻訳、通訳ガイド、そして私の大好きな布関係(藍染の手ぬぐい、チュニック、バッグなど)の輸出や販売ができたらいいなと考える今日この頃。

ちょっと欲張りすぎですかね💦

楽しい!と思う方向へどんどん進んでいきたいと思っています。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 


スポンサードリンク




検索



Pagetop